水道工事に対する水道局の認可

水道工事業者を選ぶ方法として大切なポイントになってくるのが、水道局指定工事店の認可を受けるところにあります。この認可が一体何かということがわかると、給湯器 修理などを依頼するときに失敗するようなことが少なくなるでしょう。大事なポイントになってくるため、抑えておかなければいけません。

■行政単位で認可が決まる

行政単位でおこなわれるものではありますが、給水装置工事ができるということが認められたからこそ、水道局指定工事店の認可が受けられます。水道法で決められているものであり、申請をして初めて受けられるため、自動的に降りてくることがありません。地域によって違いがありますが、機械や道具も揃っていなければいけませんし、条例に沿った内容がなければ認可はうけられないようにできています。
もちろん、条例によって認可が設定されるため、何らかの問題があり、条例に対して適合しなくなったときには、認可は取り消されることになるでしょう。特に施工上で違反をしたりすれば、トラブルと認められて取り消される公算が高くなります。この場合には、水道局が窓口になってくれるという仕組みが作られているため、トラブル対策にもなっていくでしょう。

■認可がなければできないことが多い

指定業者の場合、検索ができるようになっています。重要なポイントですが、許認可番号があるため、ここから検索すればはっきりとわかるようになっているからです。そして、認可を受けていなければ、できない工事が出てきます。漏水した時に、免除を受けることができる書類として、漏水証明書がありますが、指定業者でなければ発行することができません。
水道メーターの交換も認可がなければできないようになっています。もしも、認可を受けてないところが工事をすると、停止されてしまうような条例もあります。それほど違いがあるのですから、大事な認可となるでしょう。

■まとめ
業者を選ぶときには、認可があることが重要です。認可を受けていなければできないことがあるので、認可がないところを選んだりしないように、事前にどんな業者があるのかも確認しておくことが必要でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ